水没・冠水してしまった車の処分はどうする?廃車にお金はかかるの?

近年6月から10月にかけて台風やゲリラ豪雨が発生しやすくなっており、気象災害による車の浸水被害が増加しています。

もしも車が冠水や水没の被害に遭ってしまい動かなくなってしまったら、車の処分はどのように行うことが適切なのでしょうか。こちらでは水没車、冠水車の適切な廃車の方法について詳しく解説します。

水没車・冠水車は状態により廃車の方法が変わる

まず水没してしまった車の状態によって、適切な廃車の方法は異なります。

タイヤまでの水没であれば修理見積次第で廃車

水没の状態がタイヤの半分程度までの場合は、比較的修理費用が高額にならずに修理が可能な場合が多くなっています。ただタイヤ交換などが必要になる可能性がありますので、一旦修理費用の見積もりをとってみてから廃車するか修理するか検討されることをおすすめします。

もしも、タイヤがすべて浸かってしまうくらいの水没の場合、排気口やマフラーの高さまで水没している可能性が高く、エンジン内部まで浸水していることがあります。この場合はエンジンがかかったとしても走行中に内部でエンジンが破損してしまうなど危険が伴いますので、エンジンを動かさずに廃車または修理の見積もりをとりましょう。

フロアまでの浸水なら修理よりも廃車

車のフロアマット以上に水没・冠水してしまった場合、エンジンルームも浸水している可能性が高く、機関内トラブルが想定されます。また、車のドアは閉まっていても水を完全に防ぐことは難しいためフロア内部にも浸水があると、シートクリーニング等で修理費用が高額にかかることがあります。シートについては、汚水などによる浸水で匂いや雑菌の繁殖などが問題となるため、内装をすべて交換しても回復が難しいこともあるため、完全な修復が見込めないということもあり得るのです。この状態の車は、廃車されることをおすすめします。

ただし、フロアまで浸水してしまった車であっても買取を行なっている車買取業者はありますので、売却先を間違えなければ、廃車の費用をかけることなく車を手放すことが出来るでしょう。

水没車、冠水車の適切な廃車の方法

水没車や冠水車などの動かなくなってしまった車や、エンジンを掛けることが出来ない車は廃車に費用がかかってしまうのではと不安になる方も多いと思います。実は、水没や冠水などにより故障して動かなくなった車も売却先次第で売ることが出来ます。また、売却をすることで費用をかけることもなく面倒な廃車手続きも合わせて完了できるため、廃車の負担を減らすことが可能になります。どのような売却先を選べば水没車や冠水車でも買取をしてもらえるのでしょうか。こちらで紹介します。

水没車・冠水車を買取することが出来る廃車買取業者

不動車や故障車の廃車を専門に行っている廃車買取業者なら、水没してしまった車を買い取ることが出来ます。とくに水没車は状態次第では保管場所から動かすことも難しい状態の車が多くなっていますが、不動車を専門に廃車買取をしている業者であれば、動かない車の引取りをすることが多いため引取専用のレッカー車を保有しているなどの強みがあります。

水没車・冠水車であっても買取が出来る理由

水没車、冠水車でも廃車買取業者が買取出来るのはなぜでしょうか。

それは、故障などで動かなくなった車からも再利用が可能なパーツなどを取り出して、リサイクルパーツとして売却することが可能だからです。日本車が海外で人気であるというのは有名ですが、実は「日本で走っていた車」も海外で人気なため、リサイクルパーツなどを海外で売却する販路をもつ廃車買取業者なら、水没車や冠水車も買取金額をつけることができています。

日本で走っていた車がなぜ海外で人気があり、需要が高いのかというと、日本は世界の中でもかなり厳しい基準の車検制度があり、日本で走っている車は保安基準の高い車として知られているからです。また海外では砂や砂利道など未舗装の道路を走ることも多いのですが、日本の特に都市部の道路は基本的に舗装がされていて、走行時に車体に与えるダメージが少ないといわれています。今回のように水没してしまった状態の車でも、車体から取り出したパーツは修理用の部品や、中古車の装備品として、再利用が可能な部分が残っている可能性があり、そのリサイクルパーツは海外で需要が高くなるため、買取することが出来るのです。

水没車の買取に強い廃車買取業者を選ぶ

不動車や事故車を専門とする廃車買取業者であれば、水害によって水没車や冠水車になってしまった車の買取も対応しています。特に、自社に独自の海外への販路を持っている業者であれば、このような状態の車でも高額査定の可能性が高くなります。引取費用や、廃車手続きなどの廃車にかかる費用も、廃車買取業者では費用無料になっていたり、お得に廃車ができるようになっていますので、水没車の処分にお困りの方の負担にはなりません。

水没車の廃車を行う時のポイントを2つご紹介します。確認してみましょう。

廃車に必要な書類が水没!

自動車検査証や自賠責保険証など、車の運転時に所持している必要がある書類が、車が水没や冠水をしてしまった時に、一緒に水没してしまうことがあります。その場合、素材自体が水に弱い紙素材のため破損してしまったり滅失してしまうことがあります。

廃車の手続きは、車検証自体は紛失してしまっていてもすすめることが可能ではありますが、車検証記載の情報を確認出来ることで廃車手続きがスムーズにすすみますので、念のため車検証の再発行を運輸支局で行われることをおすすめします。

また、自賠責保険証は自賠責保険を解約するために必要です。車検が残っている状態の車は、不要になった車の廃車手続きを行うと自賠責保険の解約が可能になり、使用されなかった保険料が返戻金として手元に戻ります。水没や冠水などの被害を受けて使用中の車を廃車せざるを得ない状況になってしまった場合は、車検の有効期間内であることがほとんどだと思いますので、できるだけ早めに廃車手続きを行って、自賠責保険の解約をすることで使用しなかった期間分の保険料の返戻金を受け取ることができるでしょう。水没等で破損してしまっている時は、保険契約を行った車屋やディーラーまたは保険会社に再交付を依頼し、出来るだけ早く解約されることをおすすめします。

水没車を買取査定に出す前に応急処置でできること

水没被害にあい、タイヤやマフラーよりも上の位置まで冠水をしてしまっている場合はエンジンを始動させると、エンジン破損の可能性や故障による火災等の発生もあり得るため、エンジンを始動しないようにしましょう。被害にあった車が、ハイブリッド車や電気自動車の場合は搭載バッテリーが高電圧になっています。車体やバッテリーに触れることで感電事故が起こることがありいますので、無暗に触れないようにします。ガソリン車の場合、バッテリーが発火すると火災の危険もありますので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外して、バッテリーとターミナルが接触しないようにテープで覆うなどの処置をしておきましょう。

水害状況が落ち着いたら、車内の水抜きと車内の換気を行い、乾燥させておくことをおすすめします。換気を行うことで、匂いが少し改善されたり雑菌の繁殖を防ぐことが出来るため、見積もりも良い査定が出る可能性があります。

まとめ

こちらでは、水没車や冠水車となってしまった時、車の処分はどのように行うべきか解説しました。水没などの状況次第では不動車になってしまうため、廃車をするにも費用がかかりそうで不安になってしまう方も多いと思いますが、不動車や故障車の買取に対応できる廃車買取専門業者であれば、買取もできて廃車費用がかかってしまう心配もありません。水害に遭ってしまい不動車になった車の処分に困り、保管したままになっているという方はまずは廃車買取専門業者に車の買取査定を受けてみることをおすすめします。